債務整理に関する御相談

取扱業務 自己破産・民事再生・債務整理・借金問題

当事務所では,債務者の方の経済的立ち直りを第一に考え,様々な方法があり得,それぞれに必要費用が変わってくる倒産処理・債務整理・借金問題について,債務者の方々の意向を丁寧に聞き取り,事務員任せにせず,弁護士が一件ずつ丁寧に対応しております。

倒産に際して法的処理により,多くの債務から解放されるためには裁判所に予納しなければならない予納金など,相当な費用がかかることがあります。倒産が頭をよぎられたら,手元資金があるうちに弁護士に相談することをおすすめします。手元資金がなくなってからでは法的処理ができなくなり,債務から解放されなくなることがあります。

個人の自己破産についての豆知識


小規模個人再生についての豆知識


事業者の倒産についての豆知識

  • 事業が倒産しそうだ(破産か,特別清算か,民事再生か,任意整理かあるいはその他の方法かという方針を素早く立てて対処する必要があります。)
  • 従業員の給料に遅配が出始めた(破産手続において給料債権は特別な扱いを受けるので,従業員の方への迷惑を最小限にとどめつつ,事業者の立ち直りを図るにはいろいろと工夫が必要です。)
  • 不渡りを出しそう,又は出してしまった(不渡りの情報は素早く巡ることが多く,瞬発力が求められるので,個人事務所による機動的対応が必要でしょう。)
  • 大昔の借入れやローンについて,「債権回収」会社や法律事務所から,突然催促の手紙が届いた(このようなケースの場合,一切返事をせずにすぐに弁護士のところに来てください。せっかく債務を安価に消滅させることができたのに,相手方に連絡を取ってしまったがために債務を支払い続けることになってしまった(しかも,不当な返済額で。)という事例が非常に多くあります。)。
  • たくさんある借金を減額したい(借金の減額方法にもいろいろあります。弁護士と相談してベストな解決方法を探りましょう。)
  • 借金を返すのが心理的にも金銭的にも辛くて仕方がない(借金の減額方法や分割払いの方法にもいろいろあります。弁護士と相談してベストな解決方法を探りましょう。)
  • 自己破産の申立てをしたい(自己破産と思い詰めていらっしゃる方の中にも,よく調べたら,過払い金があり,かえって貸金業者に過払い金の支払を請求できることもあります。心理的に追い詰められずに,弁護士に相談してください。)
  • 精一杯返すので,自己破産まで追い込まれるのは避けたい(よくある相談です。ハードな任務ですが,弁護士に依頼することで何とか乗り切れる可能性があります。)
  • その他債務整理・借金問題全般等