和歌山市の弁護士,前畑法律事務所のQ&A集です

法律相談についてのQ&A集です。

法律相談について

*法律相談について

いきなり行ってもいいですか?
お手数ですが法律相談にあたっては必ず電話予約をして下さい。弁護士が他の法律相談を受けていたり,裁判所等に外出しており,対応できない場合があります。

紹介者は必要ですか?
必要ではありません。身の回りに弁護士を知っている人がいないという方もお気軽にご予約下さい。

電話で法律相談できますか?
原則としてできません。お電話のみでの法律相談ですと間違いが起こりがちですので,継続的な信頼関係があり弁護士がバックグラウンドについても十分把握している場合を除き,ご予約の上来所いただいて直接面談する方式によって法律相談を行わせていただいております。ご足労ですがご来所(又は出張法律相談)をお願いいたします。

いくらかかりますか?
30分あたり5400円(原則)がかかります。

法律相談料の支払方法は何ですか?
原則として現金です。

無料の法律相談はありませんか?
法テラス所定の要件を満たし,法テラスの制度を利用することができれば相談者様は法律相談料を支払わずにすみます。必ず法テラスに確認の上,予約時に弁護士に「法テラスの制度を利用したい。」とおっしゃって下さい。また,弁護士特約(ご契約の保険会社により名称が多少異なる場合もあります。)を利用される場合も相談者様は一定の範囲で法律相談料を支払わずに済みます。弁護士特約等についてはこちらをご参照ください。

どうして法律相談が原則として有料なの?
前畑法律事務所の弁護士前畑壮志は,法律相談を単なる顧客誘引の手段ではなく,相談者様に最善の方策を示すことを目指すという,弁護士業務の根幹の1つをなすものと考えています。弁護士業務の根幹の1つをなすほど重要なものに対しては相応の対価が発生することを御理解下さい。

予約時に法テラスの制度を利用したいと言いましたが,法律相談時に法テラス所定の要件を満たさないことが明らかになったときはどうなりますか?
通常の法律相談と同じ法律相談料がかかります。なにとぞご理解の上ご容赦下さいませ。

どのくらいの時間がかかりますか?
法律相談の内容によりまちまちですので一概に回答をすることは難しいのですが,1回の法律相談は30分から1時間30分の間になることが多いです。

平日昼間に時間をとれないのですが,土日や夜間などに法律相談できますか?
法律相談は原則として平日午前9時から午後5時までの間に行いますが,ご勤務の都合等により,上記時間に来所していただくことが困難な場合には,土日祝日,夜間の法律相談も可能な限り承りますので,電話予約時にご確認ください。

持ち物はありますか?
法律相談料の他は必須の持ち物はございませんが,こちらの持ち物がありますと事務が円滑に進められます。

今,行かなくてもいいような気がするのですが?
法律が関係する事件の中には(特に刑事事件)1分1秒を争うものもあります。そういう緊急事件なのかじっくり腰を据えて考えても良い事件なのかを判断する上でも,気になったらすぐに法律相談にお越しになることをおすすめします。

弁護士に「そんなことは法律問題ではないから法律相談に来ないで下さい。」などと冷たくあしらわれないでしょうか?
そのようなことはありません。弁護士前畑壮志は相談者様との信頼関係の構築を第一に,相談者様にとって最も身近な弁護士でありたいと考えておりますので,相談者様の悩み事の中に何か重大な法律問題が潜んでいないか全力で検討いたしますし,その結果,法律問題ではない相談であるとわかった場合でも可能な限り最善の答えを探すお手伝いをさせて頂きます。

法律相談だけでは済まず,必ず弁護士に事件を依頼しなければならないのではないでしょうか?
当法律事務所の法律相談では全くそのようなことはありません。弁護士前畑壮志は,相談者様にとって最善の答えと判断されるものをお示ししますので,法律相談にてアドバイスをすることにより終了することが相談者様にとって最善の答えと判断されれば,弁護士は迷うことなく法律相談のみで終了させます。現に,当法律事務所で承ってきた多くの法律相談は,法律相談のみで終了しています。また,弁護士が受任することをおすすめする場合であってもなお依頼しないという判断をされてもかまいません。弁護士が依頼を無理強いするというようなことは一切ありませんのでご安心下さい。

法律相談は1回で必ず満足な回答が弁護士から得られますか?
1回で必ず満足な回答を差し上げられるとは限らず,事案によりまちまちです。弁護士による1回のアドバイスで終了する事案もあれば,1回目の法律相談では弁護士が応急処置的なアドバイスを差し上げて,2回目以降の法律相談で徐々に方針を協議していくということもあります。実績としては弁護士による1回のアドバイスで終了する事案とそうでない事案は半分ずつといった印象です。

事実をほとんど把握していないので法律相談に行こうにも,どう相談してよいかわからないのですが?
法律相談では,弁護士が知りうる事実は相談者様がお持ちになる資料と相談者様のお話だけが頼りです。しかし,相談者様において事実を殆ど把握していないという場合であっても,事件の依頼を少しでも視野に入れていらっしゃるのであれば,事実調査として受任して(事案によりまちまちですので費用は弁護士に相談して下さい。),一定の範囲で調査することは可能です(事実調査の後,必ず依頼いただかなければならないということはありませんし,逆に事実調査の後に必ず事件を受任するとは限りません。調査の結果を見て依頼する,しないを判断していただいて構いません。)。まずは法律相談にお越しになって,弁護士に,弁護士による事実調査が必要かどうかも含めて相談してみて下さい。

弁護士前畑壮志は堅物ですか?
主観的な評価になりますので断言はできませんがおそらく堅物の正反対だと思います。弁護士前畑壮志は「とても東大出身には見えない。」と様々な人に言われ続けてきました。

複数人で行ってもよいですか?
事情をよく知る方が同時に弁護士と話をすることで事案の理解がより深まるということもよくありますので,法律相談に複数名でいらっしゃるのは大歓迎です。しかしながら,当事務所の相談室の物理的な広さの制約により,2名様,最大限でも3名様まででのご来所をお願いしております。もし,これよりも多くの人数でいらっしゃることがどうしても必要であるという場合には別途方策を講じますのでご相談下さい。

前回の法律相談で一応のアドバイスをもらって終了のような形になっていたのですが,よくわからないことや追加で弁護士に聞きたいことがでてきたあるいは弁護士に事件処理を任せたいので再度法律相談に行ってもいいですか?
もちろん,かまいません。法律相談は,必要なときは何度でもお越し下さいませ。

以前,弁護士からの依頼の勧めを断ったことがあるのですが,また法律相談に行ってもよいでしょうか?
もちろんかまいません。同一案件であっても,別の案件であっても,再度法律相談にお越しになるのは大歓迎です。

法律相談の内容は秘密にしてもらえますか?
法律相談の内容の秘密は弁護士法により厳守されます。

セカンドオピニオンとして法律相談に応じてもらえますか?
法律の世界は解釈が分かれている部分も多く,各弁護士により事件処理のスタイルが違うことも多いです。ですので,セカンドオピニオンとして法律相談の依頼があった場合には積極的にこれに応じることにしています。