弁護士特約等を利用された事故処理は和歌山市の弁護士,前畑法律事務所まで!

取扱業務分野 弁護士特約等の利用

ご自身の自動車やご家族の自動車の自動車保険,火災保険,傷害保険又は医療保険等に「弁護士特約(ご契約の保険会社により名称が多少異なる場合もあります。)」が付されている可能性があります。この特約を使ってみてはいかがでしょうか。

弁護士特約等の内容は必ずご加入の保険会社に確認の上ご利用下さいませ。

ご自身の自動車やご家族の自動車の自動車保険,火災保険,傷害保険又は医療保険等に「弁護士特約(ご契約の保険会社により名称が多少異なる場合もあります。)」が付されている場合,法律相談及びその後の事件処理の委任について,保険会社が一定の費用負担をしつつ弁護士に事件の処理を依頼することができることがあります。保障内容は保険会社により異なりますので詳細を保険会社に確認して必要書類を保険会社から受け取った上で,弁護士前畑壮志の前畑法律事務所に法律相談にお越しください。

※「弁護士費用300万円まで補償」等の表記がある特約もありますが,必ずしも全ての事故で300万円全額が補償されるとは限りません。


なお,前畑法律事務所では弁護士特約を利用した明らかに経済合理性のない依頼は原則としてお断りしています。たとえば,1万円の物損について弁護士特約を利用される場合などです。なぜなら,このような場合にも弁護士特約を濫用すると,結局は弁護士特約の保険料に跳ね返り,本当に弁護士特約をつけたい方が,「弁護士特約の保険料が高いので弁護士特約をつけられない。」というばかげたことが起こるからです。目安としては,物損であれば損害額15万円くらい以上を想定して下さい(損害額といわれても何が損害額に入るのかすらよく分からないという場合に弁護士特約・法律相談費用特約等を用いて,法律相談で概算の損害額を算出することは歓迎です。)。おけがをされた場合はたいていの場合,弁護士特約の利用を視野に入れることになります。